ν8011sについてのご質問

ロゴ_背景透過.png

a1
ν8011sモデルにはゲイン調整機能は搭載いたしておりませんがQ2の工夫が施されています。
ν8011sはコンデンサーマイクの様な繊細な音に仕上げておりますので強い吹かれや衝撃には注意が必要となっております。


a2
ν8011sは極力接点を少なくして高額な部品を使用しています。ミュートが無いのもスイッチングノイズ等を出さ無い工夫が施されているからです。



a3ヘッドの破損と思われます、ν8011sは他のマイクより繊細な音を集音出来る様にマイクヘッドダイヤフラムは繊細に作られています。強い吹かれや衝撃には十分注意してご使用ください。


a4
弊社製品の併用はどの機種でも問題ございません。
基本チャンネル設定は必ず説明書のチャンネルグループ6波内で設定して下さい。
違うグループで設定致しますと、物理的に混信や電波切れ等の症状が出ますのでご注意ください。


a5



a6